トヨタ FCVミライ(MIRAI)発売日を正式に発表!

トヨタ ミライ FCV

いよいようトヨタFCVミライ(未来)が発売間近になってきました。
今回のトヨタミライは初めての試み満載の車になってます。

デザインもかな~り最先端なデザインですし、
とにかく色んなところに勝負しにきた感じです。

他のメーカーにはない新しい車になってますね^^

 

トヨタミライ(MIRAI)ってどんな車?

 

11月18日に正式発表される今回のトヨタミライ(MIRAI)。

価格はちょっと高めの700万程度だと言われています。
ですが補助金とかで実質は200万程安くなるんだとか。。

それでもちょっと高いような気がしますが
なんといっても今回にトヨタ初のセダンタイプのFCV車なので
すごい注目があつまりそうですね!

スポンサードリンク

そもそもFCVって?

 

水素と酸素を化学反応させて電気をつくる「燃料電池」を搭載し、モーターで走行するクルマです。ガソリンに代わる燃料である水素は、環境にやさしく、さまざまな原料からつくることができるエネルギー。
また、車両の開発には、トヨタが培ってきたハイブリッド技術をコアテクノロジーとして応用しています。

トヨタは、「サスティナブル・モビリティ」実現に向けての理想的なクルマとして、その早期普及を目指し、世界に先駆けて、2002年から「トヨタFCHV」を日米で限定販売するなど、燃料電池自動車の開発で確固たる実績をつくってきました。

引用元http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/fcv/

使うエネルギーが水素と酸素なんですね。
FCVトヨタに使われるのは「水素」で走る車なんです。

酸素は外部から取り組む形になっているので
従来のガソリンと違いかなりエコな車になっています。

EV車とはまったく違うのか??

 

FCV車は燃料電池自動車。
EC車は電池自動車です。

どっちも電池と入っているのでこんがらがる人がいるかもしれませんが
EV車は完全に電気を電池エネルギーで走るのに対して、

今回トヨタミライ(MIRAI)に搭載されるFCVは水素と酸素を電池エネルギーにして
走る車です。

なのでエネルギーの素そのものが違うってことですね!

 

水素で走るであればその水素はどこで補給する??

3

じゃあその水素をどこで補給すればいいのかといいますと
まだ実は水素を補給する場所(水素ステーション)が全国にそこまでありません。

 

水素ステーション場所

 

少なって思われるかもしれませんね。。
前にもEV車の売れない原因として充電する場所がないのが
原因の1つに挙げられていましたが
今回のトヨタFCV車ミライ(MIRAI)も二の舞になりそうな予感がしますが

EV車と違って燃費が違っていて今回のFCV車ミライに関しては
一回の充電で500km走る予定になっています。

なのでEV車のように100km程しか走らないとかなり困りますが
500km程なら少ないけどなんとかなるかなぁっては思いますが
今までみたいのガソリン車みたいにエンプティランプ(ガソリンランプ)が
ついてからステーション探していたらアウトって感じがしますね^^;

それとまだまだ地方には全然ないのですが
どうやらトヨペットとトヨタ店にステーションが整備されるとかですが
これも定かではないので、購入の際には確認した方がいいですね!

みんなが思うトヨタミライとは?

 

まとめ

 

今回のトヨタFCVミライ(MIRAI)はまだまだ需要が増えないと
安くはならないですね。

ただ今後もっと需要が増えていけば誰でも買える値段といいますか
色んな車にFCVが搭載された車が出てくるかもしれません。

それはそれでちょっとさみしいですが
「水素が当たりまえの時代」がくるかもしれませんね。
自分にはまだまだ関係ない話ですが今後に注目です^^






特集記事まとめ

お土産下ペアグッズ下iphone


 こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ