ココナッツオイルの効能は?カロリーはどれくらい?副作用の徹底調査!

ミランダ・カーさんやローラさんも
愛用しているココナッツオイルが、今、凄い人気です。
その人気の秘密に迫ってみたいと思います。

 

ココナッツオイルの効能は?

 

ココナッツオイルの愛用者はもちろん、
管理栄養士など専門家も、本当に万能ともいうべき、
素晴らしい効果を語ります。

健康促進、美肌効果、ダイエットに最適、
脂肪燃焼、便秘解消、免疫力向上、老化防止、
そして血行を良くし、冷え性の改善にも良いと言われます。

 

「食べてよし、塗ってよし」と言われるこのココナッツオイル。
愛用者の中には、ホットコーヒーにココナッツオイルを
入れて飲んでいる人も多いようです。

 

ココナッツオイルは25度で溶けるので、
冷たい飲み物ではなく、ホットドリンクが最適です。

コーヒーのほかにも、紅茶、緑茶、ほうじ茶、
ハーブティー、白湯、ホットミルクなど
好きな飲み物に入れると良いでしょう。

量は、コーヒーに入れるなら、小さじ一杯くらいが適量のようです。

 

1

出典:http://medianow.jp/media/wp-content/uploads/2015/01/coconutoil.jpg.pagespeed.ce.q2DshhVTfD.jpg

 

カロリーはどれくらい?

スポンサードリンク

便秘解消、脂肪燃焼の効能により、
ダイエット効果を期待できるココナッツオイル。

カロリーは100gで921kcalです。
12g(大さじ一杯)で111kcalです。
ちなみに、30歳女性で50kgの場合、
1日の標準カロリーは1085kcalです。

 

カロリー計算は、同じ年齢、体重でも、
デスクワークであまり動かない人と、
立ち仕事でよく動く人と、それぞれ計算方法が変わるので
一概には言えませんが、大さじ一杯で111kcalならば

日頃の食事にココナッツオイルを加えても、
さほど心配はないと思います。

 

気になる副作用

 

肌に塗るにしても、特に口の中に入れるものだと
、気になるのが副作用です。

しかし、愛用者も専門家も、
「副作用はありません」と答えます。

「悪い成分は入っていません」
「赤ちゃんの肌にも良い」と皆、
安全には太鼓判を押しています。

ただ、あまりにも良い話ばかりだと、
逆に心配になる人もいるかと思います。

そこで「なるほど」というアドバイスを
してくださった女性の愛用者がいます。

 

スキンケアとして肌に使う前に、
腕の裏など敏感な箇所に、少量を薄く塗り、
24時間様子を見ます。アレルギーは心配ないか。

赤いブツブツなど、肌のトラブルはないか。
それを確かめてから使用すると安心です。

ココナッツオイルといっても、種類があります。
どのココナッツオイルを選べばいいのか、
迷っている人も少なくありません。

せっかく使用するならば、自分に合った、
効果抜群のものを選びたいと思うのは当然です。

 

ココナッツオイルを使っている人感想。






特集記事まとめ

お土産下ペアグッズ下iphone


 こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ