産後の悪露、増えるけど大丈夫?臭いがひどい時の対処法まとめ

産後の悪露が増えてきたら
少し焦ってしまいますよね。

あと臭いなんかも発生する場合があります。
ただ焦らずにしっかりとした
対処法をこちらで説明していきます。

 

 

 

産後の悪露、量が増える原因は?

2b307fa7-s

出産後、自然分娩では通常1か月ほどで悪露は治まります。
悪露は産後1週間が子宮内に残っていた分泌物や、
胎盤などが剥がれて出来た子宮壁からの出血があり、
かなり量は多いです。

 

しかし、2週・3週とどんどん鮮血やドロドロの血の塊は
消え量も少なくなっていくものです。

 

もし、ずっと量が多いままだったり、
一度治まってきていたのにドバっと量が増える場合は、
子宮が回復しきれず何かしらのトラブルを抱えている可能性があります。

1回だけ量がすごく多かった・・・という程度であれば、
授乳や急な運動などで子宮が収縮して
胎盤の残りなどが一気に出てしまっただけの

可能性もありますが多量の出血が1か月以上続いていたり
鮮血がずっと続いている場合は子宮復古不全といって
子宮内の残留物が出きらず留まっていることにより
子宮の回復の妨げになっている可能性が高いです。

また、女性の身体はとてもデリケートなので、
ストレスや疲労によりホルモンバランスが崩れても
量が増えてしまうことがあるので、

産後育児に追われ忙しいですが、
回復期の1か月はせめてパパにも頑張ってもらって
自分の身体と赤ちゃんのことだけで
済む環境が望ましいですね。

 

スポンサードリンク

臭いがひどい時は注意が必要?

2015y01m29d_181129235

悪露の匂いは、通常なら生理の時と同じような鉄臭く、
血生臭い匂いです。

しかし、それにも増して悪臭がするような場合が
身体からの危険サインです。

そういう場合は、細菌感染などが疑われます。
細菌感染をすると量が増えたり匂いがとてもきつくなったり
高熱が出たりしてしまうので、気を付けなければいけません。

匂いからの危険サインが出る前に日ごろからのケアが
とても重要になってきます。

産褥パットを小まめに交換し、ビデで洗浄するか清浄綿で
拭いて清潔を保ちましょう。

入浴は湯船に浸かるのは1か月検診まで我慢です。
浴槽内は雑菌が多く、細菌感染の原因になることもあります。
外陰部の清潔の保持は普段以上に気に留めておくのがいいですね。

 

悪露が痛む場合は危ない?

 

産後暫くは後陣痛といって子宮が元の大きさに戻ろうとして収縮するため
下腹部がギューッと締め付けられるような痛みがあります。

 

このように子宮が収縮する際に子宮内に残った胎盤の欠片や
羊膜などが悪露となって排出されていくわけですが、

後陣痛は産後3~4日で徐々に治まっていきます。
通常の悪露だけの場合、痛みが伴うことはありません。
ですから、産後2週間を過ぎても

膣がチクチク痛い・下腹部痛がするなどの症状がある場合は、
子宮復古不全であったり、細菌感染している可能性が高くなります。

 

病院に行かなくても大丈夫?

 

結論から言うと、是非産婦人科か、出産した産院に受診しましょう。
悪露の量・匂い・痛みは身体からの危険サインです。

女性は生理を毎月毎月経験していて、生理痛にも
耐えながら生きているので「このくらい大丈夫。」と
我慢してしまう人もいるかもしれません。

しかし、産後の身体は通常の生理の時とは大きく異なります。
悪露の量が何週間も多く一向に減っていかなかったり、
どんなに清潔を保っていても嗅いだことのないような悪臭がしたら
受診をする方がいいでしょう。

 

下腹部に痛みがある場合は必ず受診しましょう。
子宮復古不全だった場合、正常な収縮が行えるように
残留物を取り除かなくてはいけません。

その際は入院することになります。
また、帝王切開などの場合は体内に吸収される
溶ける糸を使う場合は別として、
抜糸が不十分だったため体内に糸が残ってしまい、

 

そこから細菌感染を引き起こすという事例もあります。

 

ですから「そのうち治まる・きっと大丈夫」と思わずに
1つでも当てはまる症状が出たら受診しましょう。
産後の特にデリケートになっている身体からのSOSに耳を傾けてください。
ママがダウンしては元も子もないですからね。






特集記事まとめ

お土産下ペアグッズ下iphone


 こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ